Social-ACT
G3

スポーツの力で社会を変える『Chance&Empowerment』

株式会社湘南ベルマーレフットサルクラブ
2
0
72
取り組み内容
ポイント&スコア

取り組み内容

湘南ベルマーレフットサルクラブは、神奈川県小田原市を中心とした西湘地域3市8町(小田原市、南足柄市、秦野市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)を活動地域とし、「小田原アリーナ」をホームアリーナとしてFリーグを戦っているフットサルクラブです。

クラブの第一の目標は、強く夢や感動を与えることのできるプロフェッショナルなチームづくりを掲げていますが、同時にホームタウンにおけるスポーツ振興に力を入れ、地域で愛され親しまれるクラブを目指しています。
2009年4月からは「小田原観光大使」に任命され、地域の諸団体を横断して結成した「フットサルのまち連絡ネットワーク」とともに地域貢献のための活動を行っています。

〝社会が抱えている課題に対し、地域の団体と協力し解決に向けて積極的に取り組む〟
これは小児がんの子供たちに希望の光を与え続けた久光重貴選手が見せてくれた姿勢そのものです。久光選手は、自身が骨髄炎というがんを発症し、その闘病を通して感じたことや思いを元に、地域の人々と手を取り合い、小児がんに苦しむ子供とその家族の日々生きる力を引き出していました。2020年12月19日 惜しまれながらも久光選手はこの世を去りました。

クラブはこれを「久光モデル」と呼び、「ヒサと共に」を合言葉に福祉、防災、教育などスポーツの領域を超えて、広く社会につながり、地域に必要なクラブを目指して活動を開始しました。

そして、社会課題を様々な企業、団体とともに解決するパートナー協定≪Chance&Empowerment project≫を発足させました。

「我々が戦うのは、アリーナの中だけではない」
地域の課題に対し、まちに会いに行きクラブがハブとなり様々な企業や団体と協力し課題に取り組んでいます。
2026年までに160の社会課題を解決する、を目標に、現在25のプロジェクトを展開しています。
・小児がんの子どもと家族に笑顔を〝ヒサとともに〟
・ヒトと動物が共生できる社会をめざす保護犬・猫活動
・農業×福祉×スポーツ、障碍者活躍の新提案
・児童養護施設支援
・災害用備蓄段ボールの共同設計
・ゴミの分別啓発、生ごみ有効活用・コンポスト普及活動
・スポーツ機会の創出、キッズフットサル大会
他にも、地域の人々を巻き込み、様々な取り組みを展開しています。
そして、2022年にはINNOVATION LEAGUE コンテスト 2022(スポーツ庁)において《イノベーションリーグ大賞》を受賞しました。

湘南ベルマーレフットサルクラブのゴールへの貢献
ゴール3(すべての人に健康と福祉を)を中心に、ゴール4(質の高い教育をみんなに)、ゴール10(人や国の不平等をなくそう)、ゴール11(住み続けられるまちづくりを)、ゴール17(パートナーシップで目標を達成しよう)への貢献をグラフが示しています。

あなたがこの取り組みとつながる方法

購入する
利用する
取引する
参加する
応援する
一緒に働く

#地方創生 #協働・共創 #災害対策

記事作成者:運営事務局

いいね!2

応援メッセージ

ログインをすると応援メッセージの投稿ができます。
初めての方は、アカウント登録(無料)をしてから投稿してください。

株式会社湘南ベルマーレフットサルクラブ

シェアされたSDGsポイント合計 14

SDGs貢献ゴール

すべての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを

※SDGs17ゴールアイコンの引用元は「国連」です。

17ゴール別SDGs貢献グラフ

G
1
G
2
G
3
G
4
G
5
G
6
G
7
G
8
G
9
G
10
G
11
G
12
G
13
G
14
G
15
G
16
G
17

シェアされたSDGsポイント

14

前月末比較
2
前日比較
0

SDGsウエイト

メインゴール

G3
すべての人に健康と福祉を

サブゴール

G4
質の高い教育をみんなに
G10
人や国の不平等をなくそう
G11
住み続けられるまちづくりを

採用情報

現在、採用情報はありません。

更新日
2024/06/18
開設日
2024/05/09
SA-No.
39
株式会社湘南ベルマーレフットサルクラブ